毛穴のための化粧水とケアの仕方

毛穴ケアの方法と愛用の化粧水

私はもともと乾燥肌からくる毛穴の目立ちが気になっていたのですが、化粧水と併用して温冷浴という方法を続けて行くにつれて例年よりも気にならなくなりました。

 

温冷浴というのは、新陳代謝を上げるためにお風呂で良く温まった後に、洗面器に手を入れて冷たい水で3分冷やす。その後に、3分お湯で温めるを繰り返すという方法です。

 

同様に、顔も同じように温冷を繰り返すようにしていますが、これも保湿や毛穴対策に効果的です。

 

効果的に保湿するために、お風呂上りには保湿ローションを全身にも塗布していますが、新陳代謝が良くなることによって、顔も手足でも血行が良くなるため、お風呂上りの化粧水の保湿感が長く保てることになります。

 

もちろん、顔にもたっぷりの化粧水を手の温もりで温めた状態で、顔を包み込むようにじっくり馴染ませるようにもしています。

 

私がいま使っている毛穴の化粧水は口コミサイトなどでおすすめされていたオルビスのアクアフォースなのですが、値段もプチプラながらも浸透性が高いのでいま気に入って使っています。

化粧水と合わせて使いたい手作りパック

乾燥する季節は肌のカサつきなど気になりますよね。

 

お肌の水分が足りなくなると、かえって皮脂が分泌されて毛穴の開きなどにも繋がる原因にもなります。
このような肌トラブルを防ぐのには、ズバリ保湿が重要です。

 

私は肌が特に疲れてると感じた時は市販の化粧水だけに頼らずに手作りパックでリフレッシュしています。

 

購入するコストも抑えられるし天然成分で優しいので一石二丁です。

 

ここでは、私が作っている手作りパックのレシピをご紹介します。
といっても、とても簡単に作れます(笑)

 

<ヨーグルト+米ぬかパック>
これを1:1で混ぜ合わせたものを10分程浸透させます。
米ぬかがスクラブ効果を発揮して古い角質を取り去ってくれるので、毛穴の汚れのケアにも良いです。

 

これらのメニューを週に2〜3回、日替わりメニュー感覚でやっています。
この手作りパックは、毛穴の開くお風呂に入っている時にすると、より浸透してくれるを実感できるのでバスタイムの時に効果的です。

 

ツルツルモチモチのプル肌は女性ならとても嬉しいですよね。
肌トラブルを回避するためにも、ぜひお友達にも教えてあげて欲しいと思います。

雪肌精

私が使ってみたい化粧水は「雪肌精」です。雪肌精は美白と毛穴に効果を発揮する化粧水です。

 

私は鼻の毛穴の黒ずみと頬の毛穴の目立ちが気になっています。毛穴がきれいになると口コミで評判の洗顔を使ったり、保湿を徹底しても毛穴の目立ちが改善されることがありませんでした。

 

雪肌精は口コミで評判がよく、毛穴が目立たなくなったという人が多くいたので使ってみたいです。肌にグングン吸い込み、さっぱりとした使い心地なようです。

 

毛穴の目立ちは乾燥によって起こります。スポンジは乾燥しているとポツポツと隙間ができて穴が見えますよね。でも、水分を含ませるとスポンジが膨張して穴が目立たなくなります。これと同じように水分を与えて保湿をすれば、毛穴も目立たなくなります。

 

雪肌精は和漢植物の力で保湿をし、毛穴を目立たなくしてくれます。
化粧水に使われている和漢植物は、ハトムギ・トウキ・メロリスアです。この3つの和漢植物の力で保湿し、キメを整えて毛穴の目立たない肌を作ります。

 

ハトムギには保湿と肌荒れ防止効果があります。ヨクイニンとも呼ばれ、漢方薬にも使われ、美肌作用があります。

 

トウキにも保湿作用があります。メロリスアは保湿効果の高いNMFや糖類が豊富な植物です。NMFはもともと肌にあるので、肌に近い成分です。中国では古来より美白の植物といわれてきました。

 

和漢植物だから肌に優しそうなイメージがあります。漢方にも使われている植物なので、効果が高そうです。毛穴を目立たなくしてくれそうなので、雪肌精は使ってみたい化粧水です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る